1/350 ハセガワ 赤城 を作る(2)

1/350 航空母艦 赤城

どうもこんにちは。

赤城がデカすぎて、進捗が無いように見えて困る。ふそやんです。

今回は、使用するエッチングパーツについて少々触れていきたいと思います。

その次に進捗をば。

使用するエッチングパーツセット

使用していきますのは BIG BLUE BOY というメーカーの「1/350 航空母艦赤城(艦体) No.35018」です。

正直、聞いたことのないメーカーではありましたが、製品自体はそこそこに出しているご様子。

フルカラーな説明書も(少し怪しいですが)日本語対応しており、製作順序すら記載されている優しい仕様。

クリックで拡大出来ます。

パーツ一覧です。

エッチングされた板はなんと20枚(!!)、他に金属砲身、ボラードやパラベーンも付属します。

黒塗りで消されているのは「弾薬箱」。

正直20個じゃ全然足りないので、無くていいかなと思います。

更に上を求めるユーザーは、機銃をナノ・ドレッドに置き換えると思いますし、ナノ・ドレッドの機銃に付属する弾薬箱で事足りるかな、と。

残りのページアップしておきます。

検討されてる方は購入の参考にして下さい。

ちなみにこの製品は、製品名に艦体とあるように、甲板や艦橋に関するパーツは一切付属しません。

ハセガワ純正のエッチングパーツに見られる、甲板裏のモノスゴトラスなんかはありません。

甲板裏トラスは純正のディテールアップパーツ スーパー(廃盤?)を、甲板上の遮風柵や転落防止柵なんかはベーシックB(品番:QG27)を、別途お買い求め下さい。という感じ。

他にはリノリウム押さえや艦載艇格納庫のレールが無いなど、汎用品で補いながら使用する前提と見られる箇所があります。

組立の続き

前回は船体の左右を合わせて終わりましたので、修正に入ります。

ただ合わせるだけですと上写真ように隙間が出来ますので、見つけてはパテ埋め、削り、サフチェックを行っていきます。

正直、台に固定してしまえば見えなくなりますが、船の底に穴が開いてるとなると良い思いはできません。

次にスクリューブラケットを付けていきますが、1個脱落しています。

割と大きなパーツなのですが、ランナーに繋がっているゲートは1箇所、それも細いとなると、ちぎれて当然といえば当然。

「ちぎる」と「きる」は全然違いますので、えぐれてないか心配になりますが、今回はセーフ。

スクリューブラケットとシャフトを付けていきます。

シャフトの根本は「ここに付けるんやで」と言わんばかりにモールドが掘ってあります。

しかしながら外側の根本にはゴツイパーティングラインが入っており、処理すると位置決めモールドが消え失せるのでおおよそで接着しました。

内側のシャフトも取り付け、変に角度がついていないか、ブラケットが歪んでいないか確認します。

ハセガワ純正 赤城専用ケースに固定してみる

艦船模型というのは、送る際にほぼ確実にケースというものが必要になります。

ウォーターラインモデルであれば木の板に固定して枠を作ればいいのですが、フルハルモデルとなるとそうは行きません。

今回、運送用にハセガワ純正品の1/350赤城専用ケースをお預かりしていますので、こちらに固定できるよう仕掛けていきます。

まず、前回船内に固定したナットの位置を、台座の裏側へ記します。

ちょっとでもズレると固定時に船体が割れたり、歪んだりしてしまいますので慎重に。

問題ないことを十二分に確認した後、穴を開けていきます。

穴を開けたら固定用のネジの頭が埋まる部分をザグります。

ザグリにはちゃんとした面取りビットをオススメします。

テキトーなドリルで穴を拡張しようとすると、悲惨な目に合いやすいです。(過去3敗)

スターエム 5007-120 ハイス六角軸面取カッター 12mm
皿取加工・バリ取りに最適 【用途】 面取・バリ取り12mm用ドリル 【特徴】 ・穴あけ後のバリ取り・面取加工が行える ・インパクトドリル・電気ドリルで使用すること ・アルミ・鉄・樹脂・木材への加工が行える 【注意事項】 ※3000回転/分以下の電動工具でご使用ください。

台の素材としてはMDFっぽい感じがしました。

なにかの集成材でしょうか、穴あけはしやすいけど割れ(剥がれ)やすいタイプの木材です。

仮で固定してみました。

非常にカッコいいです。

台座と船体の固定にはアドラーズネストの金属飾り脚(L)を使用しました。

アドラーズネスト 艦船模型用金属飾り脚 L Set プラモデル用アクセサリー ANN-0040
アドラーズネスト「艦船模型用金属飾り脚 L Set」プラモデル用アクセサリーです。 長い製作期間を要するのが大型の艦船模型です。 その気持ちが籠った大切な完成品をより高級感を持って見せるお手伝いをするのが、この金属製の飾り脚と木製の台座であり必須となる部品です。 1/700の超大型艦 (現用空母等)から1/350の巡洋...

船体と脚に隙間がないか、脚と台座に隙間がないか十分確認してから、一旦外します。

金属脚はこのままでも結構な質感ですが、磨くと更に良くなりますので、後々磨いてから取り付けます。

リノリウム甲板の塗装

下処理が大体終わってきたので、リノリウム甲板を塗装しました。

と言っても前後の、甲板や格納庫の下に隠れる部分のみです。

クレオスC606 リノリウム色です。

艦載艇収納部分もリノリウム色で。

艦載艇用のレールは合わせ目消しの際、非常に邪魔だったので大部分を削り取っています。

後々プラ材で復旧予定です。

リノリウム甲板は後期型空母になると減っていきますが、赤城は試作要素が多いためか、リノリウム部分が多めです。

塗装・接着順を考えたり、塗り分けが大変だったりと、苦労は多いんですがそれだけ見栄えはします。

完成品の妄想もしつつ、今回はここまで。

では。

【今回のキット】

ハセガワ 1/350 日本海軍 航空母艦 赤城 プラモデル Z25
航空母艦赤城の1/350スケールプラスチックモデル。 組み上がると全長745mmとなる、大ボリュームキットです。 キット開発にあたり、新たな事実が判明!格納庫後端形状、艦底キール部分の大きさ・形状、側舷アーマープレートフェアリング部分の形状につきましては、新資料に基づいた設計となっています。 是非、組み上げながら正確な...

タイトルとURLをコピーしました