タミヤ 1/700 輸送艦 おおすみをつくる(3・完成)

1/700 LST-4001 おおすみ(完)

どうもこんにちは。

輸送艦おおすみ完成編です。

最後の試練としてかなり大きめのデカールが鎮座しておりますが、なんとか攻略します。

みょうこうと同時進行なので、再放送になる部分もありますがご了承を。

デカールを貼った

こちらがおおすみに付属しているデカールです。

ヘリ発着位置を示すデカールが恐ろしく大きいです。

しかしタミヤ、失敗しても入手は容易なので恐れず失敗しましょう。

まずはLCACとチヌークに貼り付け。

ピンがボケておりますが、ミス無く貼り付けられました。

お次はおおすみ本体にも貼り付けます。

上部甲板先端の櫓(?)が歩行帯に干渉するので、一度取り外しました。

ヘリ甲板が浮いていますが、デカール貼りたてのためあえて浮かせてます。

艦橋上面にある「01」は、アンテナに干渉するので、図形ごとに切り出してそれぞれ貼り付けました。

君が座ってるそこ、地味に難儀したんやで…。

国旗と自衛艦旗を作る

果たして「作る」でいいのか分かりませんが、作っていきます。

おおすみに付属の旗は紙製ですが、みょうこうに付属している予備を使用して同じ質感に仕上げます。

旗のデカールですが、極薄デカールを折りたたんで旗竿に取り付ける…なんてことは出来ませんので、アルミホイル式でやっていきます。

まずは図形ギリギリで切り出していきます。(画像でいう上にある旭日旗)

それを片面だけアルミホイルに貼り付けていきます。

同時にみょうこうと1/350瑞鶴も行っているので数が多いです。

乾燥したらまたしても図形ギリギリを切り出して、裏側にもう一面を貼り付けていきます。

この時、指の腹に触れている面のデカールが剥がれないよう、両面で図形の向きが変わってしまわないよう注意します。

完成です!

エナメル塗料でウォッシング後、トップコートを塗装。

海自艦は比較的外観がきれいに保たれているので、軽めのヨゴシです。

特徴的なホイップアンテナは説明書通りに伸ばしランナーで再現しました。

実艦ではアンテナの根元を赤色に塗装してあるので、こちらも塗り分けて再現しています。

張り線は信号旗用に白色のストレッチリギングを取り付けました。

ウェルドックが見られるギミックが良いですね~。

タミヤはこの後、2番艦のしもきたもキット化するのですが、そちらはなんと側面のランプが開閉可能という凝りよう。

今の所旧式の着艦標識しか製品化されていませんので、現行仕様へのリニューアル(もしくは追加)が待たれますね。

では。

【今回のキット】

タミヤ 1/700 ウォーターラインシリーズ No.003 海上自衛隊輸送艦 LST-4001 おおすみ プラモデル 31003
海上自衛隊の最新鋭輸送艦「おおすみ」の1/700プラスチックモデル組み立てキットです。 高い舷側や広大な甲板を備える大型の船体、ステルス性能を追求した平面構成の艦橋など独特な姿を実感豊かにモデル化。 作業艇を収めた両舷ダビッドやマスト、クレーンなど細部もシャープな仕上がり。 後部ウェルドックも床や隔壁などリアルに再現、...

同型艦もあるよ!

タミヤ 1/700 ウォーターラインシリーズ No.006 海上自衛隊輸送艦 LST-4002 しもきた プラモデル 31006
海上自衛隊の最新鋭輸送艦 「しもきた」 の1/700プラスチック組立てキットです。 全長254mm、全幅37mm。 ステルス船体の外観はもちろん、ウェルドック内部、前部の中央格納部、車輛搬入時に使用する左右の舷側ハッチ、第一昇降機、中央格納庫とウェルドックをつなぐ中央歩板と呼ばれるゲートまで新金型で立体化、後部の大型ラ...

タイトルとURLをコピーしました