【N】783系 強化スカート・車端部機器を作った

【3Dプリントキット・パーツ】

どうもこんにちは。

またしても九州の車両をいじくり回したふそやんです。

よく「四国車のネタはないんか?」と聞かれます。

無いですね。

では、本題に入ります。

よく「○○も作って欲しい!」と言うご意見を頂きますが、正式な依頼で無い限り、製作は承りません。
ご依頼はTwitterやヤフオク等ではなく、当サイトにあります【お問い合わせ】よりお願い致します。

783系 強化スカートセット概要

今回、製作したのは CM25編成用それ以外(当サイトでは一般型として扱います)の編成用の2種類です。

特に非貫通型の方は、ボディマウントカプラーを抱きかかえられるよう設計してありますので、外観と機能性を両立できます。

KATO製ユニトラック C282のS字をギリギリ通過出来ます。

なんか脱線してるように見えますが気にしないで下さい…。通過は確認しています。

なお、初回品も含め、取り付けは確認しておりますが、世にある全てに適合する保証は出来ませんのでご了承下さい。

特に「A0370 783系 ハイパーサルーン有明 7両セット」に関しては、ボスの切り飛ばし等加工が必要になります。

加工の際は自己責任でお願い致します。

加工中に事故や、何らかの損害が発生しても当方は一切関知致しませんので、ご了承下さい。

一般型

CM25編成以外が該当します。(サーチ漏れがある場合はツッコミ下さい)

極めて一般的に使用されている型です。

みどり編成に使用していますが、当然他編成にも使用出来ます。

反対側はこのようになっています。

機器箱がチラリと見えるのがステキですね。

CM25編成用

非貫通型のスカート後部が大きく欠き取られているのが特徴です。

マイクロエース製品では「A3665 783系 特急ハウステンボス 新塗装 4両セット」が該当します。

なぜか製品では再現されていませんので、置き換えにいかがでしょうか。

みどり編成じゃないか!」というツッコミは不要です。

反対側はこのようになっています。

一般型とは違い、機器箱が大きく見えているのが特徴です。

提供写真のため、転載を固く禁じます。

ちなみに実車です。

それっぽく再現できたのではないでしょうか。

スカートの組み立て方

非貫通型の場合

カプラーはTOMIX製ボディマウントTNカプラーを使用します、通常のTNカプラーではなく、「0339 密連形TNカプラー2を使用します。

TOMIX Nゲージ 密連形 TNカプラー2 6個 SP 黒 0339 鉄道模型用品
TOMIX E26系特急寝台客車カシオペア (品番:92408・92409・92410) 専用のオプショナルパーツです。カプラーの柄を長めとして、よりスムーズなカーブ通過を可能としたボディマウント式のTNカプラーです。*製品パッケージ・総合ガイドでのオプショナルパーツのご案内では 0336 JC0349 と記載していま...

汎用型の03360337では首の長さが足りず、連結した際に脱線します。

また、胴受け・蓋共に【0526】の刻印であるもの以外は、スカートにハマらない可能性があります。(0536ではダメでした

TNカプラー2の純正は0526なので特に気にする必要はありませんが、念の為。

加工は胴受け側の幅をツメのかかる位置ギリギリまで切り詰め、蓋側にモールドされているジャンパ栓をカット(ちょっと深めに)するだけでOK。

このようにすんなりハマれば取り付けられます。

ギッチリとしてスカートが膨らむようであれば、幅が広すぎる可能性がありますので、さらにツメギリギリを攻めて下さい。

目安は0.3mm、やりすぎると蓋が閉まらずえらいことになります。(2敗)

最後にマイクロエース純正スカートと同じように、スカートのダボと車体側の穴をあわせてハメ込めばOKです。

TNカプラーの引き離し(解放)に耐えるため、かなりキツめに設計しています。

一度ハメたら外せない、くらいの意気込みでハメ込んで下さい。

かなり力を込めたら外せますが、破損の危険がありますので。

貫通型の場合

こちらは切り出してそのまま装着すればOKです。

上の画像を参考にサポートから外して下さい。

こちらも車体と床下を合わせた状態で、真下からはめ込みます。

ちょっとした衝撃では歪まないよう、シビアに設計しているため、斜めに挿入しようとすると高確率でハマりません。

前側のフチ(0.15mm)と取り付け脚が非常に折れやすいので、取り扱いには注意して下さい。

車端部機器について

車端部機器、と大それた名前を付けましたが、トイレタンクと配管のセットです。

編成によって内容が変わりますので、お持ちの車両セットに合わせて選択してもらえたらと思います。

トイレタンクA/Bの違い
提供写真のため、転載を固く禁じます。

まずトイレタンクAですが、クロハ782形100番台以外のトイレ付き車両に装備されています。

配管がタンクに沿って曲がっているのが特徴です。

提供写真のため、転載を固く禁じます。

次にトイレタンクBですが、クロハ782形100番台にのみ装備されています。

配管がタンクに沿わず、中途半端な位置で曲がっているのが特徴です。

同じクロハ782形でも、0番台・400番台・500番台と違い、100番台はトイレが改造により設置されたため、このような形態違いが生まれたと専門家が言ってました。ぼくじゃないです知らないです。

なお、100番台と400番台は共に貫通型ですが、400番台は非貫通型からの改造であるため、元からトイレが設置されていました。

提供写真のため、転載を固く禁じます。

ついでにサハ782-200(右側)のステップ周りです。

サハ782-200も各車異なっている様ですが、四国民には調査出来ないためお手上げです。

5連・ハウステンボス・CM35編成用

内容は以下の通りとなります。

  • トイレタンクA ×3
  • 配管セット(L×3/R)×2
  • サハ782-200用ステップ(L/R)×1

主に5両編成用の構成です。

TNカプラーに引っ掛けるように取り付けられます。

配管のL/Rについては各自で調べて取り付けて下さい。

ハウステンボス編成にはサハ782-200用ステップは使用しません。

みどり編成は原則【みどり編成用】を使用しますが、CM35編成のみ、こちらのセットを使用します。(具体的には「A3663 783系 クロハ782-400 特急「きらめき」4両セット」を指します。)

みどり編成用

内容は以下の通りとなります。

  • トイレタンクA ×1
  • トイレタンクB ×1
  • 配管セット(L×3/R)×1
  • サハ782-200用ステップ(L/R)×1

トイレタンクB(クロハ100番台用)はこちらのみの設定としています。

上記の通り、CM35編成には適合しませんのでご注意下さい。

最後に

依頼者さんより許可を頂いたのでヤフオクに出品する予定(12/04を予定)です。

予定日以降に探しても見つからない場合は、在庫切れで生産待ちの状態です。

長く欠品が続く場合は、生産を中断している場合があります。

その際は【 お問い合わせ 】からご連絡頂けると適宜生産しますので、お気軽にご連絡下さい。

生産終了の場合はご容赦下さい。

再度になりますが、加工中に事故や、何らかの損害が発生しても当方は一切関知致しませんので、ご了承下さい。

では。

タイトルとURLをコピーしました